2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 
どうも、明けましておめでとうございます。
今年も、宜しくですってもう3月か!!!
遅くなりましたが、宜しくお願いします。

ついに動き出しました。
我が、Home
こだわりにこだわった家を建てるべく
足掛け1年!!!
やっとこさここまでやってきました。

こだわった家造りを紹介したいと思います。

まだ棟上げもしてないのですが、材木の進み具合と、こだわりの棟梁木又さんに会いに

木又工務店作業場に遊びに行ってきました。


 

大工さんが、見る図面

素人には、分からない記号で一杯です。
これを元に材木に、墨を打ち手で刻んでいきます。

こだわりその1です。

今の木造住宅のほとんどが、プレカット(機械を使い木組みのほぞを作る)と言う手法が、一般的になっています。
仕事が早く、家の納期も短くなり、金額も押さえられるメリットがあります。
いい事だらけのように見えても、やはり機械と人とでは、越えれない壁もあるんです。

デメリットを上げたらいっぱいあるのですが、少しだけ話すと、機械は無垢材の癖を見つける事が出来ない事

無垢材の目を見て大工さんがその木の癖を見抜き、木にあった柱なり梁なりの適材適所に探し、自ら墨を打ち刻むこの流れが機械には出来ない、これこそがすごい重要な事なんです。

鉋 蚤 鋸 使って長年無垢材を刻んできた大工さんしか、癖を見つけるのは至難の業なんです。自然の物なので、機械じゃなく見極める目がある人しか出来ない
ここに、木組みの家の強度が生まれるんです。

やはり、プレカットもいいと思いますが、何十年と年月を重ねた結果、やはり手で刻んだ家の方が、長く住める家になると思うのです。



道具達


手刻みで出来た木材達
材木にも、木又棟梁がこだわって無垢材、大きい杉の赤みを中心に集めてくれました。

元々、集成材は使いたくなとお願いしてたので、完全無垢の木になります。

木のプロ木又棟梁の話では、赤み材は固く丈夫と言う事
固いのでシロアリも、湧きづらいようです。

無垢材についても、ちょっと

こだわりその2

最近よく聞く集成材、これは簡単に言うとボンドで貼り合わせた木の事を言います。
そりが少なく扱いやすく強度もあり値段も安い!いい事だらけ!

でもやはり、デメリットもあるのです。
水に弱いという事、なぜこれがデメリットかと言うと、まず日本の気候を考えてみたら簡単
日本は、湿度が高い国だと言う事!!!
何年も、湿度の高い所にあると言う事は、やはりだんだん強度も下がっていくと思うのです。

無垢材なら、水の中に何年も入れといても大丈夫だが、集成材なら一ヶ月位で使い物にならなくなると思う
これは、俺個人の見解やから本当は分からないんだけど、やはり信用できないのが本音やな

もう一つ言うと、やはり集成材は自然物じゃないので、やはり身体にあまり良くない
有害って訳では無いのですが、毎日住むとなると、やはり何らかの影響が出てくる可能性があるので、やはり無垢で建てる方が良いと思います。

こんな事を書くと、金額が高くつくと思っている人もいると思いますが、必ずしもそうでは無いと、言っておきます。
この話は、又後ほど。。。

さて次は作業風景です。


松の丸太

棟梁が(ちょうな)で松の皮を剥いでいく作業です。
最近は、この道具を持っている大工さんも、少なくなっているみたいです。

昔は、この作業で梁を作っていたと聞いてビックリしました。
かなり難しい!!!棟梁はサクサクいってました、やはり職人です。




俺も、体験させて貰いました。
こうゆう事が出来るのも、木又工務店がなせる事だと、思います。

基本的に、家は家族で作るものだと俺は、思うんです。
一昔前、土壁は家族総出で塗るのが、一般的な時代もあった、やはり家を作ると言う事は家にどれだけ関われるかに意味があると思うんです。

最初で最後の家なので出来るだけ家族で体験してみる、これが大事だと思うんです。



妻も体験!!!
かなりのへっぴり腰w


息子も、まさかり持って木又棟梁と金太郎ゴッコ 笑

家作りについて、みんな気になる所と言えば、やはり金額だろうと思います。
天然素材で建てる家は、高いと思いがちですが、そうではないと言っておきます。

何処にお金をかけるかを知る事が大事なんです。
僕が工務店を探す時に、考えていた事を書きます。


 〔宜ず爐鮖箸辰銅蟾錣澆悩遒辰討れる優秀な若くてマニアックな大工

◆‖膵さん本人が設計してくれる所


この二つでした。

 ヾ蔽韻修Δ妨えるけど、かなり難しんです。
まず刻める大工がいないんです。
だから、見て足を使って探す、これしかないんです。

木又工務店を、見つけたのは運命的な出会いでみつけました。
小さい工務店は基本的に、宣伝はしてはないのでアンテナを張って引っかかったら
見に行くそれしかありません。

みんなは、どうしても知っている工務店 設計事務所に行こうと思いますが、大手で家を建てると知らないうちに金銭は家に、かかって来ます。

どんなお金がかかってくるか

宣伝費(CM 広告 など)

営業費

などが、建てる時にかかっています。
その分家の質も落ちる事になります。

◆‖膵が設計!!!
驚く人もいると思うのですが、設計を入れても建てる人は、大工なんです。
設計も出来る大工これは、普通の事!カッコイイ家出来るの?と思う人もいるでしょうが、います探せば絶対に見つかります。

設計について、設計費は総額の1割位です。
設計を大工さんにしてもらう事で
その分のお金を節約出来る、なおかつ良い家を建てる事が出来る
ここなんです。

大事な事は、大工さんと親密になる事。
最近は、大工に会わず家が出来てしまうような事も聞きます。
大工さんに、会わず家が建ってしまう時代です。

そんな事に、ならないようにするのも、施工主が考えなければいけない所です。
今後、一生付き合っていくのですから、1番大事だと思っています。

長文になりましたが、こだわりの家造りについて書いてみました。
今回の家造りは、大工さんにこだわり、材料にこだわった家になる予定です。
他にもこだわりがありますが、又今度それでは。。。。

奈良民俗博物館の展示住宅の梁
ちょうなで仕上げたんやろうな〜!!!すごいですね〜〜!!!

お世話になっている木又工務店良かったら見て下さい。



スポンサーサイト


comment

楽しみやな

  • ミニッツ
  • 2014/02/24 12:23 AM

ですね!まだまだかかりますけど、お披露目まで待ってて下さい!

  • p
  • 2014/02/24 6:56 PM